売れる美容師と売れない美容師の違い

0 0
Read Time:15 Second

売れる美容師と売れない美容師の違いは何か。先日発売されたWWDで「人気美容室のNo.1美容師が語る“売り上げを伸ばす秘訣」特集が組まれました。

売れる美容師は「集客力」と「接客力」と「周囲のサポート力」が強いといいます。集客はインスタを活用した差別化で、「勝ちパターンを見つけることが売り上げにつながり、“ミニショート”“大人の韓国スタイル”“印象の違い”といった『特化した打ち出し』が指名につながる」*

当社が主催したインスタセミナーで招いたインスタ集客の第一人者ALBAMのNOBさんは、投稿する時間によってハッシュタグや写真のテイストを変えたり、12時間以内に「500いいね」がつかない投稿は削除したりと、とにかく投稿内容以外の些細なことにも徹底的にこだわっていました。

接客面では「カウンセリングが重要であるものの、(中略)時間をかけずにニーズをくみ取る能力」*が必要。さらに、売り上げを伸ばす上で欠かせない「サポート」は、「いかにアシスタントが応援したくなるような存在になるか」*とのこと。どこまで任せるかにもよるけど、やはり日ごろアシスタントを道具のように扱うのと、育てようと接するのでは、対応に違いがでるのは当たり前。

売れる美容師は売れる営業と同じく周囲への気配りができることがとても重要だということですね。

引用:WWD https://store.wwdjapan.com/items/23459102

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です