訪日旅行者の日本での美容サービス利用に関する実態・意識調査

0 0
Read Time:34 Second

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の調査機関「ホットペッパービューティーアカデミー」から、アジア4か国(中国/香港/台湾/韓国)から来日する訪日旅行者が日本で利用する美容サービスに関する実態・意識調査の結果が発表されました。

アジア4か国の訪日旅行者のうち、2割以上が日本でこれまでに何らかの美容関連サービス(*1)の利用が経験あり、最も利用率が高いのは美容室でした。

また、直近利用者のほぼ全員がサービスに満足と回答していて、「施術がうまい」「お店が清潔」「丁寧なカウンセリング」「押し売りされない」ことが満足の要因だそうです。

*1 美容関連サービス:美容室、ホテルスパ、ネイルサロン、リラクゼーション、エステ、アイサロン

お店を探す情報源は、「日本に来てネットで調べた」「自国内で事前にネットで調べた」「宿泊施設の紹介・チラシ」が5割程度で約8割が事前に予約して来店。

今回の調査はアジア4か国ですが、2020オリンピックイヤーということもあり欧米からの訪日旅行者も増えています。アジア人と欧米人でどのような違いが出るのか気になります。

***アンケート概要***(リクルートライフスタイルより引用)

アジア4か国 訪日旅行者の日本での美容サービス利用に関する実態・意識調査

 <調査方法> インターネット調査

 <調査対象> 下記に該当する対象者を各国200人ずつ、計800人

・20~49歳女性

・中国/香港/台湾/韓国 アジア4か国いずれかに居住

※中国居住者は上海市、北京市、広州市、大連市に限る

 ・3年以内に1回以上の訪日観光経験者

・各国内で対象者の年齢/世帯年収にて割付を実施

・直近3年間(2016~2018年)の「訪日外客数(出典:日本政府観光局)」の国別構成比を用いてウェイトバックを実施

 <調査期間> 2019年12月11日(水)~2019年12月20日(金)

訪日旅行者のこれまでの美容関連サービス 利用率が最も高いのはヘアサロン。今後の利用意向が最も高いのは「ホテルスパ・宿泊施設に併設のリラクゼーション・エステ」|株式会社リクルートライフスタイルのプレスリリース

アジア4か国 訪日旅行者の日本での美容サービス利用に関する実態・意識調査の詳細はこちら

https://hba.beauty.hotpepper.jp/search/overseas/19859/

PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000942.000011414.html
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です