QBハウス、第2四半期決算報告

0 0
Read Time:9 Second

QBハウスを運営するキュービーネットホールディングス株式会社が第2四半期(2019年10月~12月)の実績を発表しました。

売上高111億万円(前年同期比110%)、営業利益12億円(前年同期比144%)1080円から1200円に値上げをした影響で、売上利益ともに大幅に伸長しました。

特に目を見張ったのは、同社の退職率で、

2010年6月期に31.8%だった退職率が、7.7%まで減少しています。

採用活動ではこの第2四半期で97名を採用し、今期は年間で200名の純増を見込むそうです。

また、発表した休眠理美容師を発掘するプロジェクトに14億円投資して、650人の理美容師を発掘。

2024年まで国内外で900店舗(国内700店舗、海外200店舗)を目指します。

単純計算で一人当たりの発掘コストは約22万円。採用単価の目標ラインもこの辺りでしょうか。

キュービーネットホールディングスIRニュース

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です