QBハウス、純利益下方修正96%減の4900万円

投稿日: 作成者: KASHIMA SHUJI
Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/kashimashuji/kashimashuji.com/public_html/wp-content/themes/galway-lite/inc/template-tags.php on line 57
0 0
Read Time:9 Second

キュービーネットホールディングスは15日、2020年6月期の業績予想及び配当予想の修正を発表しました。純利益は、前期比96%減の4900万円。前回予想の14億円から一転大幅な減益となる見込み。コロナ禍により国内店舗は4月18日より臨時休業。5月14日の緊急事態宣言の一部解除によって順次営業を再開するものの、回復までにはまだ時間がかかると予測しています。

海外店舗の様子も発表されています。
シンガポールは4月22日から5月11日まで全店舗休業。その後12日より4店舗を除く32店舗で営業を再開。
香港と台湾は、すでに新型コロナの感染拡大の影響が緩和されており、4月に前年同月比98.1%(香港)、89.4%(台湾)で5月は前年を上回る見込み。
アメリカは、ニューヨークのロックダウンにより3月20日より全4店舗を臨時休業。営業再開の時期は確定していません。

予定していた期末配当19円は見送りすることになりました。

感染拡大が緩和した香港、台湾。両国は早期に封じ込めが成功していました。一方の日本はまだまだ緩和に向けた道半ば。売り上げの回復にはまだ時間がかかりそうです。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です